キークランプ/キーライト
キークランプ/キーライト
キークランプ/キーライト

キーライト カタログ
Page 4 L61 L62 L68 L70 L84
L61 L62 L68 L70 L84
L114  
L114
Type L61
L61 
Type 寸法(mm) 重量
管径 B C D E F ボルト
孔径
(Kg)
L61-6 35 41 50 8 100 49 6 0.21
L61-7 42 53 55 8 110 61 6 0.29
L61-8 49 60 60 8 120 67 6 0.32
●埋頭孔式ヘッドスクリュー固定具専用の穴の開いたフランジは、固定具の動きの少ない構造物に使用が限られます。
●壁固定ブラケットとしての使用頻度が高いです。
注)ガードレールあるいは欄干を支える基礎フランジとしての使用は避けてください。
Type L62
L62
Type 寸法(mm) 重量
管径 B C D E F G ボルト
孔径

(Kg)
L62-6 35 42 90 9 89 128 75 14 0.35
L62-7 42 55 90 9 102 140 82 14 0.50
L62-8 49 62 90 9 115 160 84 14 0.56
●構造物の固定具が要求され、常にガードレールや欄干を固定する目的で使用されるような場合に理想的です。
●基底部の穴の直径は、物理的・化学的アンカーのいずれでもうまく固定されるよう十分な大きさを持ち、縦に並んだ2個のソケットスクリューは支柱により安定性を与えています。フランジの固定穴は、かかる荷重と一直線になるように用いるのが望ましいです。
Type L68
L68
Type 寸法(mm) 重量
管径 B C D E F G H ボルト
孔径
(Kg)
L68-6 35 42 71 64 24 75 101 8 11 0.24
L68-7 42 53 86 80 28 89 113 8 11 0.35
L68-8 49 60 96 92 31 100 128 8 11 0.43
●壁、手すり、はしご、傾斜路に固定されたガードレールのためにデザインされています。
●支柱はソケットを貫通できないようになっています。
注)支柱が金具を貫通する必要がある場合は、金具の底部に穴を開けることは可能です。但し支柱が金具を貫通する場合は、下部の固定は不要になります。
Type L70
L68
Type 寸法(mm) 重量
管径A D E F G H J K (Kg)
L70-6 35 60 92 50 50 45 68 10 0.20
L70-7 42 68 105 59 60 54 81 10 0.34
L70-8 49 75 115 65 66 60 91 10 0.45
●この金具は皿ねじ用の固定孔を設けています。手すりや構造物を壁に取り付けるため、または支柱にボードを取り付けるのに使われます。この金具内ではパイプの接合はできません。
Type L84
L84
Type 寸法(mm) 重量
管径 B C D E F G (Kg)
L84-6 35 34 31 6 0.02
L84-7 42 43 31 6 0.05
L84-8 49 49 31 6 0.05
 
●いったん取り付けると、取り外しが困難な押し込み式プラグです。取り付けには、ゴム製のハンマーを使用することが望ましいです
Type L114
L114
Type 寸法(mm) 重量
管径 B C D E F G (Kg)
L114-6 35 43 56 45 32 0.18
L114-7 42 53 64 43 40 0.27
L114-8 49 60 70 46 40 0.34
●階段、傾斜路、スジカイなどの手すりに角度をつけるための回り継ぎ手金具です。
●L10、L15、L25、L45と一緒に使用すると、穴を開けてある角度付きの金具を使用しなくても済みます。